AV女優になるには

次に収入です。まずは作品ごとにメーカーさんからプロダクションにお金が支払われます。

プロダクションにより多少の違いはあると思いますが、もしメーカーから200万支払われたとすれば女優さんに入るギャラはおおよそ半分の100万ぐらいです。

「え〜、それじゃ単体女優はそんなに稼げないじゃん」と思いますよね。でも専属モデルなのでAV以外のお仕事もあって、イベントやインタビュー、グラビア取材なんかもあるからもっと収入はあります。(メーカーさんも売り出すのに必死ですから)ということからも単体女優は一番安定してるかも。

各プロダクションの収入はこちらです。プロダクションによって多少差はありますけど参考にしてみてください。

ファーストプロモーションのギャラ ⇨

グランデ東京プロダクションのギャラ ⇨

トゥループロダクションのギャラ ⇨

前の「AV女優のお仕事って?」でもお話ししたように単体女優や企画単体女優はギャラも高い分露出もしますし、メーカーさんも専属女優を売り出すためにいろいろなイベントなどもやりすので、顔バレが絶対イヤという方は企画女優をお勧めします。

最後にこれは都内の場合でそれ以外の関西や地方などのプロダクションではもう少しギャラは低くなるそうです。

写真集モデル 3万~20万

都内近郊や国内外でのロケはもちろんですがスタジオや屋外にてプロのカメラマンが撮影、スタイリスト、メイク等のスタッフとあなたという女優さんを中心に一冊の作品を作り発売されます…
発売後にイベントもある場合もあるそうです。

グラビア雑誌モデル 1万~5万

成人誌・月刊誌・週刊誌を含む一般的に市販されている雑誌のモデルになります。プロのメイク・スタイリスト・カメラマン等がかかわります。
…成人誌の場合には、専門店のみの販売のものもあるそうです。

着エロ・イメージビデオモデル5万~10万

着エロの着は着衣の略、エロはエロチズムの略になります。つまりフルヌードではなくて着衣のままきわどい格好をしたグラビア撮影をするアイドル・モデルのことを着エロアイドル・着エロモデルと呼びます。
イメージビデオモデルもほぼ同様となりどちらもプロのカメラマンに動画映像を撮ってもらうお仕事です。 基本的にアダルトビデオとは違い、性交はありません。

撮影会 2万~10万

素人さんによる写真撮影会に素人モデル・AV女優モデルとして参加するお仕事です。都内近郊のスタジオでの撮影になります。商業目的ではなく、あくまでも個人の趣味での写真です。世間に出回る事はなく、バレずにお金を稼ぎたい人におすすめになります…
撮影会に参加される方は、身分証を提出しているので身元もしっかりしているので安心できるかと思います。

パーツモデル 5千~3万

プロのカメラマンにが身体の一部(胸やお尻、脚などがメイン)を撮ってもらうお仕事です。お顔の出ない、お顔がメインではないお仕事になります。

単体AV女優・モデル(プロモデル)50万~100万以上

特定のメーカー(制作会社)との専属契約を交わし、1つの作品に一人で出演し撮影を行います。
契約期間中は、ほかのメーカーの作品には出演できませんが撮影やリリースは月に1本になります。
もちろん、AV女優・モデルとしての知名度を上げることも可能です。テレビで活躍しているセクシー女優・セクシーアイドルの方々も単体AV女優AVモデルの方も多いようです。

企画単体AV女優・モデル(セミプロモデル)5万~30万以上

単体AV女優・モデルのように特定のメーカーと専属契約を交わしてはいませんので、オファーがある限り出演は可能です。また、素人モデル企画だけではなく、AV女優・モデルとしての知名度もあげることは可能のようです。…昨今では、この企画単体AV女優・モデルから有名になっているAV女優さんも多数いるようです。

企画AV女優・モデル(素人AVモデル) 1万~10万

ナンパ物や素人物の企画作品に5人以上での大人数で出演し撮影するお仕事です。
脱ぎのないエキストラからカラミのあるものまで、出演人数、内容の幅が広いお仕事です。
一回だけの出演もOKで、撮影ってどんなものなのか、お試しですることもとにかくお気軽に稼ぎたい方にはオススメではないでしょうか。

TV(BS・CS)放送/ Vシネマ女優 1万~50万

地上波・BS・CS放送やVシネマに出演するAV女優AVモデルのお仕事です。

ネットモデル/チャットモデル ~30万

インターネットを使ってノンアダルトやアダルトチャットをしたりする簡単なお仕事です。男性に触れることもなく、環境さえ整えば自宅でもできちゃうお仕事です。

ダンサー 5千~5万

イベントや撮影でダンサーとして踊るモデルのお仕事です。

当サイトでは、関係者にお聞きした内容を掲載させて頂いておりますがプロダクション・事務所によって異なる場合も多くあります。そのため、ご自身でしっかりと電話・メール・LINE・面接にて確認をされて下さい。