AV女優Q&A

その他のこと

誰でもAV女優になれる時代は終わり!AVプロダクションに単体女優で採用されるために必用なこと

AV女優になりたい女性が誰でも簡単にAV女優になれたのは昔の話。 特にいまの時代、単体AV女優としてAVプロダクションの面接に採用されて人気のAV女優として活躍することができるのは狭き門です。

容姿が良くないと採用されない時代です

いまの時代は可愛い、美人でスタイルが良いなど容姿がある程度良くなければAVプロダクションの面接で8割が落とされるというシビアな時代です。
特に単体女優で売れるAV女優になる場合は、2割の中から更に厳選されて選ばれたAV女優のみがなることができる狭き門なのです。

人間性も重要視される時代です

可愛ければ、美人でスタイルが良いだけで採用がされるという時代でもないのです。
常識があり、人間関係を円滑に保つことのできる、コミュニケーション能力も必要になります。
挨拶ができないのはもってのほかで、時間にだらしない、周りの意見を聞き入れることのできない、集団行動をできない女性はAV女優に採用をされたとしてもお仕事をいただくことができません。毎日たくさんの女性がAV女優になりたいと志願している時代なので、ワガママ放題が通用する時代は昔のお話なのです。

整形美人は人気が出ない?

可愛くて美人でスタイルの良い女性がAVプロダクションに採用されやすい条件。
ですが、あまりにも見るからに美容整形をしているのがわかる女性も採用されにくいです。
AV業界のメインターゲットは男性ですから、男性から見て美しい、可愛いと思われるような外見の可愛らしさや美しさが求められます。
女性に人気のある痩せすぎな体型ですとか、あからさまな整形顔というのはあまりAVプロダクションの面接では好まれない場合もあります。
必用に応じてAVプロダクションに採用後に整形手術をすることができる場合もありますが、あまり過剰な美容整形をする前にAV女優の求人に応募をすることをおすすめします!